MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

「職人肌さん」「お気楽さん」どっちも大切な個性。

私たちは、どこか
足りないところ、出来なかったところにばかり目が行って

また、ダメだった。
やっぱり、こんな私はダメダメだわ

って、自分を責めてしまったりしますね。

でもあなたが持っているものはとても素晴らしく、
他の人から見たら、羨ましいなって思うものも、たくさんあるんですよ。

* * * *

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

今日は、がんばりやさんの心理学です。

がんばりやさんの中には、

どれだけベストを尽くしたとしても、
その状況だったら、仕方がなかったことでも、

あーすればよかった
こーすればよかったって、

後悔が出て来ちゃう方って多いです。

講演でもお伝えしましたが、

私たちって、
自分が大切にしたいと思うものに対してしか、悩まないので

あなたが大切なものを持っていればいるだけ
誰かや何かを、大切にしたいと願えば願うだけ、

「もっと愛し上手になるためにはどうしたらいいの?」

というお悩みは出てきやすいので
ある意味、仕方がないと思うのですが、

「職人肌」の方って
どこまでいっても、自分にOKが出ない人もいるんですよね(汗)

たとえば、ツボ職人が

他の人から見たら「すばらしい」と思うような出来栄えのツボでも、
「なっとくいかーん!」と自ら割る、みたいな。

それだけのこだわりがあるからこそ、
素晴らしいものができるわけですし、

みんながうらやむような、才能の持ち主だったりするのですが、

どこか、生みの苦しみみたいなのが、
ついて回ってきたりするわけですね。

もちろん、完璧主義にはまっている場合は
緩めていくのがいいと思うのですが、

私、職人肌なのかもしれないという方はですね、

「私がいっぱい悩んじゃうのは、仕方がない!
だって、いいものを作りたいんだもの! もっと愛したいんだもの!」

と一度、割り切ってですね、

そんな自分をサポートしてくれる人を探してみると、
行き詰まり感から、抜け出すことが出来たりします。

ちゃんとベストを尽くせるよう、

お休みを取り入れたり、
過剰にのっかってるプレッシャーは降ろしたり、
弱音を吐ける相手をちゃんと作っておいたり。

ちゃんと頑張れる土壌を整える、ってかんじでしょうか。

あと、動機を振り返ってみるといいと思いますよ。
どうして、そんなにこだわるの?って。

そこにはあなたの愛や隙が眠っている場合が多いです。

migt019a

逆にですね、

「別にさ、失敗したって、たいしたことないじゃん。
長い人生において、そこまで大きなこと~?

そんなこと悩んでないで、楽しく行こうよ!」

すご~く極端に書いちゃったのですが、
中には、こういう「お気楽さん」もいますよね。

物事を楽観的にとらえられるって、素晴らしいことですよね!

私たち人間は、悲観的な側面を見がちなので
楽観的な部分を意識できる、信じられる、ってすごいことなんですよ。

心の余裕もあるので、
おおらかに人を受け止めることが出来たり、

職人肌さんが思いつかないようなやり方で
道を切り開いていく、天才肌さんも多いです。

先ほど書いた「職人肌」さんからみたら
「羨ましいな~」って思うような才能の持ちなのですが、

心のどこかで

「私は、あのひとみたいに頑張れない。」って
劣等感を感じていらっしゃる場合も多いんですよ。

「楽観的に物事をとらえちゃう私は
人を愛する気持ちが少ないってことなのかな?

もっと、がんばらなきゃいけないのかな?」って。

実は、がんばりすぎて燃え尽きちゃう人の中には、

もともとは、楽観的で、
周りの人をホッと和ませる、そんな才能をお持ちなのに

「頑張れない私は、情けない」という思い込みや、
「あの人も頑張っているのだから、頑張らなきゃいけない」

という観念が眠っていて
がんばりすぎちゃっている場合も多いんですよ。

ご両親が、がんばりやさんで
ご苦労されている姿を、間近に見てきた、

そんな方に多いかもしれませんね。

そういう方は、癒しを進めていくと
もともと持っていた「楽しむ、楽観的に捉える」才能が開花し、

周りの頑張り屋さんを、救える人になるんですよ!

楽観的な人が見守っていてくれることで
気持ちが救われ、がんばれる人って、たくさんいるんですよ。

がんばりやさんの、
心の休憩場所や、帰る場所、
になることも多いでしょう。

また、視点がユニークなので
行き詰ったときの、突破口になる場合も多いんですよ!

ようするに、

どっちがいい、わるいではなく・・・・

自分がもともと持っているもの
今まで培ったものを、「いいもの」として扱って

ちゃんと、胸を張ることが
多くの人を愛することにつながるんですね。

あなたの中には、どんな魅力が眠っているでしょう?
ちょっと探してみてくださいね!

参考になれば幸いです!

目次
閉じる