MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

「もっと近づきたい、でも近づくのが怖い><」という、親密感の怖れを越えよう♪

ステキな彼氏が出来たらいいなぁ
心許せるお友だちがもっと出来たらいいなって、常日頃から、思ってはいるけれど、

いざ、仲良くなり始めると、別に嫌なことをされた訳でもないのに、
なんか、しんどくなってきて、自分から距離を取りたくなっちゃうんです・・

急に連絡を絶ってしまったり、なんとなく避けてしまったり。

相手からすると、そんな風にされたら
「なぜ距離取られたの?」って思うだろうし、
せっかく、仲良くなろうとしてくれたのに申し訳なくて

だんだんと

「本当は私、ひとりが好きなんじゃないの?」
「私って、人が嫌いなんじゃないの?」
「私って、冷たい人間だな」

「こんな私が人と仲良くしたい」って思うことが
そもそも、ムリなんじゃないの?って思うようになってきました。

 こんなご相談をいただいたときに出てくるのが、
「近づきたい!でも、近づくのは怖い」という葛藤なんです。

今回のテーマは、カウンセリングの現場でも
対人関係のお悩みで、よくよく登場する「親密感への怖れ」

誰でも多かれ少なかれ持っていると言われている「親密感への怖れ」を越え、
「あなたがつながりたい、と願う人と、より親密な関係になるためのヒント」を書いてみたいと思います。

あくまでケースバイケースではありますが、お役にたてれば幸いです♪

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

目次

近づきたいけれど近づきたくない、親密感への怖れ

誰かと一緒にいるときに、ホッとしたり、安心出来たり。
ああ、ここが私の居場所だな~と思えたり

あの人のことを、私は大好き。
私もあの人から愛されているなって実感出来る。

そんな、「相手との心のつながり」を感じられる関係って、とってもステキですよね

こういう近い関係で感じられる感情を心理学では「親密感」というのですが
人によっては、これがものすご~く怖かったりするんですね。

正確にいうと・・・

本当は大好きなんだけど、感じるのが怖い。

本当は欲しいんだけど、手に入れるのが怖い!!!って感じでしょうか。

たとえば・・・

「もっと仲良くなりたいな~」って思っているのに、なんか素直になれなかったり、
自分の正直な気持ちを伝えるのが怖かったり、
仲良くなってくると、相手のことが煩わしく感じてしまったり・・

自分のことは、あまり知られたくないな、
関わってきてほしくない、って思っちゃったり。

周りに人はいるんだけど、なんか、孤独。寂しい。

でも、近づかれるのも近づくのも
しんどいって感じてしまう。

・・・いっそのこと、ひとりでいるほうがいいんじゃない?

実は、親密感への怖れを持っていると、こんな
「親密感は欲しいんだけど、欲しくない状態」になりやすくなっちゃうんですね。

みなさんには、思い当る節、ありますか?

親密感を怖れるルーツに迫る

親密感のルーツは、私達が赤ちゃんの時代だと言われています。

私たちって赤ちゃんのころに、
お父さんやお母さん、周りの大人の人に、べったりくっついているような、
とっても近い距離感で愛される体験をしていますよね。

だっこしてもらったり、ご飯を食べさせてもらったり、
泣いてたら、よしよし頭を撫でてもらったり

私たちは、そんな「近い距離」での関わり合いの中で
「親密感っていいなぁ~」「安心するな~」って学んでいくんですが・・・

しつけがはじまると、その近い距離で「ハートブレイク」がおきちゃうんです。

たとえ必要なしつけであったとしても、子供の頃って分かりませんから

怒られちゃったり、自分のことは自分でやりなさい!って言われちゃったとき、
なんだか、突き放されたように感じちゃったり、

「・・・私のこと、嫌いになっちゃったのかな?」って傷ついてしまったりします。

そして、傷ついた分だけ、
もう、人との関係で傷つかないように、

「一人でがんばらなきゃ!」「一人でなんとかしなきゃ!!」って、
親密感から遠ざかり自立していくんです。

また、「親密感に傷つく経験」って、
しつけの時期だけではないですよね><

告白したけど、うまくいかなかった、
大好きだった彼とお別れした、
友達とケンカ別れしちゃった、
両親と折り合いが悪くなっちゃった、、、

たとえ、そこに当時の自分や相手に事情があったり、
すれ違いや、誤解があったとしても・・・

親密感を感じていた相手にハートブレイクすることって、
ものすごく辛くて、痛い経験なんです。

だからこそ・・・・そのときの「痛み」が、自分の心の中に残っていればいるほど、
これから「親密感を感じること」が怖くなっちゃったりするんですね。

「また、あんな辛い思いをしちゃうんじゃないか?」

もう2度と、あんな思いはしたくない。そう思ったのはなぜ?

「もう二度と、あんな辛い思いはしたくないよ」
「だったら、近づかないでおこうよ。ひとりのほうが、安全だよ!!」
「これ以上愛しちゃったら、また、傷つくかもしれないよ!」
「また信じて裏切られたら、あなたが辛いんだよ」

 私たちの心は、もう、傷つかないで済むように、
過去の経験から自分を守ろうとします。

・・・・過去の経験が辛ければ、辛いほど。

もちろん、その距離感だったら
これ以上、傷つくことはないし、過去の痛みを思い出すこともないかもしれませんね。

でも・・・・・その世界って、
ちょっと、寂しいんですよね。

・・・実は、親密感の怖れって

人が大好きで、愛したい。
そんな愛情深い方ほど、実は出て来やすかったりするんです。

親密感の怖れは人が好きな人ほど強くなる


過去、傷ついちゃった経験がある。
もうコリゴリだ!という、思いもある(笑)

でもでも・・・・あの時みたいに、

「人に愛されたい、人を信頼したい、心の底から、人を愛したい。」

という、願いがあるからこそ、

「もっと近づきたい→」「←でも、近づくのは怖い」

という、葛藤を抱きやすいんです。

私たちって、どうしても
「人と距離を取りたいのは、自分が嫌われたくないからでしょ~」とか、
「どうせ、自分の身を守りたいだけでしょ。いくじなしだなぁ」って
自分の中の怖れを責めてしまいがち、なんですが

本当に大切なのは、

「それでも、人と近づきたい、と思っている自分」
「もっとあの人と、親密になりたい」と思っている、そんな健気な自分を認めてあげること。

親密感の怖れを抜け、
さらに、人と親密になるために必要となってくるのも、
たしかに、傷つくのは怖いし、

みんながみんな、自分を受け入れてくれるわけではないかもしれない。

過去にもいろんな経験をした。

でも・・・

「私は、人が好き。もっと、仲良くなりたい!」

「私は、あの人が大好き。もっと近づきたい!」

「いまよりももっと、愛し愛される関係を築きたい!」

という、思いが「怖れや不安」よりも、数パーセントでも勝ったとき。
一歩、人に近づくことが出来たりするんです。

というりゆうでですね。

カウンセリングやセラピーなどでは、
怖れを減らす方向からのアプローチとして、
怖れの根本的な原因である、
「過去、親密感でついた傷を癒す」ご提案をすることも多いですね。

過去の経験を振り返って、

ハートブレイクを癒してあげたり、
「強すぎる傷つくことへの怖れ」や「罪悪感」などを開放していったりします。

感情は、ちゃんと感じてあげると癒されていきますから、

心の傷が癒されるにつれ、
親密になる怖れが、さほど出ずに済むようになっていくんです。

自分の感情と向き合う作業って、ちょっと辛いんですが><

(辛い経験なんて、思い出したくもないのが普通ですよね)

実は、「心の傷」をそのまま放っておく、ということは、
「あの時」から、時間を止めているようなもの、だったりもするんです。

ですから、当時のことを振り返って、
今の自分が寄り添ってあげたり、涙を流してあげると、
まるで止まった時が動き出すように、徐々に心境が変化していき・・・
親密感を取り戻していけるようになることが多いんですね。

その上で、周りの人に対する理解を深めたり、

「中には、うまくいかない人もいるけれど
仲良くなれる人もいるよね。」

ということを理解することができてくると、
ずいぶん楽になってくると思いますよ!

実生活で取り組むときには

実生活で取り組まれる場合は、
「親密感に慣れる」ことをオススメしたいと思います。

かなり、実践的ですが
自立したときに離れてしまった人との距離感を自ら徐々に縮めていき、
その距離に慣れ親しんでいくことがポイントです!

親密感を嫌って分離している状態が長いと、
どうやって人と接したらいいのか知らなかったり、分からなくなっている場合も多いですからね。

色々試しながら、慣れていくことが大切ですよ。

あなたの交流関係の中で
「この人だったら信頼できそうだなぁ」とか、
「私と、仲良くなりたいって思ってくれていそうだなぁ」と思える
パートナーやお友達、ご家族などを選んで、

いつもより一歩、親密な雰囲気を作ろうと心がけてみてください

あと、もし出来る間柄でしたら、
握手や、ハグ、マッサージをしてあげたり、と、

相手の体に「手で触れる」機会を
増やしてみるといいと思います♪

手から伝わるぬくもりから、「つながり」を感じてみることで、
より親密感をより感じることができたりしますよ~

(体感、大事ですからね)

「いきなり、実践は怖すぎる!」という方はどうぞ、
私たちカウンセラーとの間で「つながる」体感してみてくださいね。
いっしょに、練習していきましょう!

お待ちしていますね♪

あなたが、あなたの大切な人と心の底から
「幸せだなぁ~」と思える関係を築くための参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

名古屋(鶴舞駅すぐ)東京(駒場)
オンラインにて対面カウンセリングをご提供。
お気軽にご活用くださいね。

最新の面談スケジュール
カウンセリングメニュー
服部の略歴
得意ジャンル
お客さまの声

カウンセリングのご予約・お問い合わせは・・

カウンセリング予約センター
・電話番号:06ー6190ー5131
・営業時間:12:00~20:30
・定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合火曜)、他

目次
閉じる