MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

相手から誘われるのはいいんだけど、自分から誘うのは苦手なので、ふたりの距離が全然縮まりません・・。

いつもありがとうございます。

カウンセリングサービス 服部希美です。

今日は、カウンセリングの現場で

パートナーシップでも、

フレンドシップでも、よくお聞きするご相談である、

「自分から誘うことが出来ないことで、

待ちの体制にばかりなってしまって、距離が縮まりません

というテーマで

書いてみたいと思います

* * * *

実はこれ、私自身が、

ずっとずっと抱えていた悩みだったんですよね

たとえば、私の場合、

「私、洋服が買いたいから

一緒に買い物につきあって~
!」

って誘われるのは、嬉しいけれど

自分が誘うのは、とっても苦手だったんですよ

私の場合、

相手に断られる怖さ、というよりも

自分に付き合わせることで、

相手に迷惑かけちゃうんじゃないかな?
><とか

「いいよ、大丈夫だよ」って言ってはくれるけど、

内心、ムリして付き合わせているんじゃないかな?
><とか。


「私のことで、
相手に手間を掛けさせてしまうのが申し訳ない」

という思いが、どうしても沸いてきてしまって、

だったら、ひとりで買いに行ったらいいよね。

罪悪感も感じなくて済むし・・・、という結論に至っていました

ようするに、「遠慮」があったわけなんです。

そうやって「遠慮」していると、

どうしても、心の距離が出来ちゃうので、

当時の私は、彼や、お友だちとの心の距離が、

すごく遠いものになっていたみたいなんですね

いわゆる、水臭い関係、というやつですね・・・

20150505-DSC_8798-Edit

「人から誘われるのはいいんだけど、

自分から、相手を誘うことが苦手

その理由は、人それぞれ違うので、

アプローチ方法は、変わってくるのですが・・

以前の私のような、

「遠慮しちゃうタイプ」のみなさまは、

自分が、誰かから誘われた時、

「自分のために、断る」という選択肢を、

ちゃんと持っておくことをオススメしたいと思います。

実はですね、

相手は、本当はちょっと迷惑だなぁ・・・
><と思いながらも、

ムリして、自分に付き合ってくれるのかもしれない、

と思っちゃうとき、というのは、

自分が、本当は辛いのにムリをして、
誰かの誘いにOKを出していることが多かったりする
んですよ
。。

もちろん、それ自体は、

相手のことを想う、

あなたの優しさだったりもするのですが、

私たちは、

自分がそうしているように、

相手も、そうしてくれているのかもしれない・・

と思ってしまう、心の仕組みがあるんですね
><

そして、恐ろしいことに

あまりに無理して引き受けすぎると、

今度は、相手にも同じ価値観を強要したくなっちゃうんです

私も経験があるのですが、

マイペースな彼に対して、

なんで、私の予定に付き合ってくれないの?!

私のこと好きだったら、付き合ってくれるよね?

って内心、イライラしちゃってました
><

内心どころかバレバレだったと思いますけどね笑

ですから、実際に断ることをしなくても、

「自分のために断る、という選択肢を持つ」

って、とっても大切なんですよ

とはいえ・・・

お誘いを断ったら、

彼に嫌われちゃうかもしれない
><><

とか、

私なんかが誘ったら、

迷惑になるに違いない

断られちゃうのが怖くて誘えない
><

そんな怖れが、強く出てきちゃう場合は、

「私は嫌われる存在である」
「私は迷惑をかける存在である」

という思い込みから

アプローチしてあげるといいかもしれませんよ

あなたと、大好きな人との関係を

繋げるための、参考になれば幸いです

IMG_0593 - コピー
記事に全然関係ない、今日の戦利品。

会場から離れたお家の中でも、
ピカピカ光りっぱなしだったので。 一生懸命電池を抜きました・・(笑)

☆☆カウンセリングのご案内☆☆


名古屋・鶴舞駅スグのカウンセリングルームにて
対面式の、面談カウンセリングをご提供しています

直近の面談カウンセリングは・・・



5月14、15日、17日は終日、

10:00~、13:00~、16:00~、19:00開始です。

カウンセリングってなあに??という方へのまとめ記事 

*カウンセリングメニュー・カウンセリングの最新ご予約状況

カウンセリングのご予約、お問い合わせは・・・・   *    


 <<カウンセリング予約センター>>

 06-6190-5131 または、06-6190-5131

目次
閉じる