MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

「私には、このぐらいで充分」という想いが「恋愛」に及ぼす影響について

実は私、社内に好きな人がいるのですが、
なかなか近づいていく勇気が出ないんです。

いつも、彼の仕事している姿を
「ステキだなぁ~」って見ているだけしかできなくて、全然進展していかないんですよ。

彼からするときっと「いい同僚」って感じだと思います。

今までは、まぁそれでもいいかなって思ってたんですけどね

でも、結婚や子供のことも考えると、
このまま片思いし続けるのもどうかなぁって思いはじめたんですね。
まわりもドンドン、結婚しちゃうし。

で、自分の中で区切りをつけなくちゃいけないなって思って

ダメ元で、告白しちゃおうかな?とか。
このままきっぱり諦めて、婚活しようかな?とか考えたんですけど

でも、、、フラれて
職場でギクシャクしちゃったらと思うと怖いし。

なんだかんだ、諦めきれないし。

こんな優柔不断な私って、
本当に勇気がないな~って、どんどん落ち込んで行ってしまいます。

こういうとき、
いったい、どうすればいいのでしょう???

目次

前に進めない恋愛、あなたが弱いからじゃないですよ!

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。
今日はひさしぶりに「片想い」のお話です。

実はこの心理は「片想い」だけにとどまらず、
「不倫」や「浮気」「遠距離」「なかなか結婚してくれない彼」など
「なんだか、報われないなぁ・・」と自分で感じている恋愛関係を続けてしまう心理と通じるものがあると思いますのでねー、

ぜひ、ご自身の状況に置き換えてお読みいただければと思います。

「どんな行動」にもリスクが伴いますからね、
ご自身が一番、納得のいくものを選択されるのがいいと思うのですが

心の中では、なんとなく「答え」があるんだけれど
それを選択すべきかどうか選びきれず。

カウンセリングを受けに来られる方ってけっこう多かったりします。

 

うんうん。
人生において大きな決断ですから、誰だって迷いますよね。
それ自体はまったくおかしいことでもないですし、
カウンセリングを活用していただけたらと思うのです!

 

で、こういうカウンセリングの場合の心理分析の一例(あくまでケースバイケースです!)

あたまでは「やりたい」と思っているのに、
「それは無理だよ」だったり「それは難しいよ」なんて、「やれない理由が出て来てしまうとき」というのは

心の奥底では、「やりたくない!」とか「実現してしまうと困る」と思っているのではないか?

と見立てることが多いのですね。

もちろん、それがダメだということではなく
それは一体なぜだろう?何に引っかかっているのだろう?という視点で、ですけどね。

たとえば今回の例の場合。
片想いの状態だと都合のいいことがあるとしたら、なんでしょう?

いろいろあるとおもうのですけどね
今回は、「私は、このぐらいで充分・・」という遠慮のパターンをご説明したいと思います。

心優しき頑張り屋さんの中には、この心理を持っている方、めっちゃ多いのですよね^^;

私にはこのぐらいで充分、というのは謙虚さでもあるけれど

 

私たちは、自分の中の「罪悪感」が強すぎると・・
「私は罪人だから、幸せになってはいけない」って感じてしまい、
自分が幸せになる事に、ブレーキをかけてしまうことがあります。

「罪悪感」というのは、「私は罪深い人間です」と感じる感情です。
 
罪深い私は、幸せになってもいいでしょうか?

・・・なかなか、そうは思えませんよね。

そうするとですね。

「こんな罪深い私には、このぐらいの関係でいいんです」って

自分の本当に望む幸せではなくても、
「ないより、ましですよね」って思うぐらいの幸せで、遠慮しちゃったりすることがあるんです。

たとえば、このまま片想いを続けていくよりも、
彼と、もっと親密になれるようにアプローチしてみたり
心の準備ができたときに、自分の思いを告白することが出来れば、
いまのままよりも、彼との関係もいい方向へ向かうことが出来るかもしれません。

もし、彼と残念なことになっても、その次に
自分のことも大好きになってくれる彼と巡り合って、
めでたく結婚する!なんてことも、あるかもしれません。

でもね「好きな人がいるだけで、私には充分なの。」って
自分の幸せに遠慮している状態だと、それ以上の幸せを手に入れることって、難しいと思いませんか??

また、「罪悪感」をたくさん持っていると人と距離を取りたくなってしまうので
日常的に「ひとりぼっち感」や「寂しさ」を感じている方も多いんです。

そうすると、お別れしてしまった時の喪失感が強すぎて
たとえ今が苦しくても、さびしくても、うまくいかなくても・・
「彼とお別れして、ひとりぼっちになっちゃうよりはマシ!」と感じて、お別れすることが出来なかったり

好きな人を想えなくなったり、関係性がギクシャクしてしまう怖れから
このまま片想いのままいたほうが、安全だよねって思ってしまうこともあるんです。

私も幸せになってもいいという視点は、相手を幸せにすることもできる

ですから、この状態にハマってしまっているときは、
実生活でどう行動していくか?も大切なのですけども

「このぐらいで、私は充分だから」

そんな風に感じちゃう自分の心の中を癒して、

「私は、自分の欲しい幸せを手に入れていいんだよ」
「本当に欲しいものを、手に入れていこうね」
って、許可を出してあげるといいと思うのです。

やっぱりねー、相手の幸せを願い、
影ながら相手のことを愛しているあなたの愛が、
一方通行だけで終わっちゃうのは悲しすぎるよねって私は思うのです。

もちろん、うまくいくばかりではないかもしれない、けれど

あなたとの小さな幸せが、
相手にとっても、励みとなったらどれだけ嬉しいだろうか。

謙虚なあなたの願いって、そこ一点じゃないかな?と私は思うから。

そのためには、

「どうして私は、罪人だと思っているのだろう?」
「それって、本当に罪なの?」
「もう、充分やってきたよね。」

って、自分の中の想いを見つめ誤解を解いてあげたり、
過去の自分を「許して」あげたりしながら

「私は、自分の欲しい幸せを手に入れていいんだよ」

「本当に欲しいものを、手に入れていこうね」って、

自分に何度も何度も、教えてあげるといいかなと思いますよー。

 

とはいえ「自分を許す」というアプローチって、
なかなか一人では難しいものですからね^^;

 

カウンセリングなども、お気軽にお使いくださいね。

 

あなたの恋愛がより、幸せなものになるための参考になれば幸いです!

 

【カウンセリングのご案内】

あなたの恋愛を心理でサポート!

現在、Zoomを使ったオンライン面談のみ受付しております。
自宅で気軽に面談カウンセリングが受けていただけますよ、ぜひぜひ^^

ご予約は予約センターまでお願いします。

目次
閉じる