MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

「ごめんね」が素直に言えないとき~自分を責めるより大切なこと~

私たちは、どうやら

「私が悪いんだ」って思っていればいるほど、
「ごめんね」って素直に言えないみたいなんですよね

「だって、これこれこういう理由があってね」とか、
「私は、悪くない」「あの子が悪いんだもん!」

って言いたくなっちゃう裏側には、

「とっても悪いことしちゃった。
こんな私なんて、きっと、許されないよね><」
という

罪悪感が隠れていたりするんですね。

* * * * *

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
カウンセリングサービス、服部希美です

今回は「素直にごめんね、が言えないとき。」

たとえば・・・

彼と、些細なことでケンカをしちゃった
仕事で、ミスをやらかしてしまった
不用意な自分の一言で、誰かを傷つけてしまった

あなたは、こんなとき。
素直に「あのときは、ごめんね」って言えますか???

相手のために、いまの自分が出来る精一杯、
つまり・・・素直に「ごめんなさい」と伝えることが出来たなら

二次災害を起こさずには済むかもしれませんが

(相手のある事ですからね、
すべてがそうはいかないでしょうけど)

なかなか、素直に謝るのって難しいですよね

とくに、相手が大切な人であればあるだけ、
謝るのって難しいものなのかもしれないですね~。

親とか、彼氏、お友だち、とか・・・。

ついつい、意地を張ってしまうことってありませんか?。。

私は悪くない、そんな風に正当化したい心理の裏には
「きっと、こんな私は許されないよね」という、思いがあったりします。

つまり、罪悪感を必要以上に感じすぎて、(←ここがポイント
その辛さに耐え切れず、自分を守っている状態、だったりするんですね。

「ごめんなさい」と思っていないわけではなく、
過剰なぐらい、自分で「ごめんなさい」って感じている場合があったりするんですよ。

この、罪の意識というのを「罪悪感」というわけですが、
このブログでは、本当に何度も何度も、何度も書いてますが(笑)、罪悪感は

「あなたが、大切に思っている人に対してしか感じません。」

つまり、「愛」と同じものなんですね。

この「愛」を自分を責めるために使うのか?
相手のために使うのか?という違いだと思うんですよね。

誰しも「ごめんなさい」って言わなくてはいけない状況になんて、
なりたくはないと思うんですが、
私たちは、いくらベストを尽くしていても、
たくさんのミスをおかしますし、
気持ちのすれ違いも、たくさんおきます。
そんなとき、 事態をちゃんと受け止め、

自分のためにも、相手のためにも「ベストを尽くす」には、

自分を責めることよりも、
出来ることがあるのかもしれませんね・・

・・・・ちなみに、
「ごめんなさい」を一方的に連呼してしまったり、
過剰に感じている罪悪感を、そのまま相手にぶつけてしまうのは、
あまりオススメできません。
実は、相手に加害者意識を感じさせてしまうんですよね。

「私が悪かったのかな?」って、

相手に、「罪悪感」を感じさせちゃうんですよ。
「責められている?」って感じさせてしまったり、
相手の罪悪感を刺激してしまうこともあります。

罪悪感の押しつけ合いになってしまうと、
相手も自分も、苦しくなってしまったりしますので、

そんなときには、その場をながしてあげたり、
「ありがとう」成分も入れるといいと思いますよ~。

(因みに私は、こっちパターンが多いので気をつけています。)
 
そんなときには、一度、自分の気持ちを整理して、
自分の中の罪悪感を正しい量に減らしてから、
相手と向き合う方が楽だったりしますよ

よろしければ、カウンセリングなどもお使いくださいね!
 

photo-1429095687696-3227bb0aa9a8

あなたが、大切な人と良好な関係を築く、
参考になれば、幸いです

 〇9月前半のスケジュールを提出しました!

名古屋、鶴舞駅徒歩5分のカウンセリングルームにて
対面式のカウンセリングを行っております♪

今月の面談カウンセリングの予定は

14(月)
21、22(月火)です

いずれも 10:00~、13:00~、16:00~、19:00~開始です♪

最近の空き情報は、
カウンセリング予約センターにてお問い合わせくださいね☆

<<カウンセリング予約センター>>
06-6190-5131   

目次
閉じる