MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

彼の機嫌に振り回されてしまいます(1)

「最近、彼の機嫌があんまり良くないんですよね~。 なんだか浮かない顔しているというか、
心ここにあらず、というか。

私は彼の気分を盛り上げようと、
アレコレ頑張ってみるんですけど、なんだか逆効果な感じ。

逆にムッとされちゃうこともあったりして。

「私、なにかやっちゃったのかな?
嫌われちゃったのかな?」

って不安になって、焦ってしまいます。

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 心理カウンセラー服部希美です。


男性が、なんだか不機嫌。
でも、私に思い当たる節がない。そんなとき
ついつい、彼の機嫌を撮ろうと頑張ってしまう人って、結構多いと思うのです。

彼にいい気分で過ごしてもらいたい。
そんな風に思うのは、とても素敵なことだと思うんです。

でもね「うわ、どうにかしなきゃ」って過剰に思っちゃうというか。
怖くなっちゃう方もね、いらっしゃるのかな?と思います。


こんな場合は

「自分はどうして、こんなに振り回されてしまうんだろう?」
という心のパターンをみつめてあげる、というアプローチと、

「彼はこんな時、どうしてほしいのかな?」という
彼の気持ちを考えてみる、とアプローチの二つがあると思うんですよね。


今回は、自分の心へのアプローチから。

もし、あなたが、
「彼の機嫌に、ものすごく振り回されてしまう」としたら。

私・・なにかやっちゃったかな?
このままほっておいたら、嫌われちゃうんじゃない?

という、見捨てられる不安
心の奥に抱いていることが多かったりするんですね。

また、あなた自身が

「いつも、機嫌よくいなきゃ」
「誰とでも、仲良くしなきゃ」
「いつでも、優しい私でいなきゃ」
「どんなことをいわれても、受け止められる私でいなきゃ」

って、思いすぎている場合も多かったりしますし、

心のどこかに、
「私の機嫌が悪いときには、同じように察して構って欲しい」
という依存的な気持ちが、こっそりと隠れている場合もあります。

いいとか、悪いとかじゃなくてね!(ここ、大事ですよーーー!)

そんな自分の内面をケアしてあげるためには、
カウンセリングなどで、その思い込みの原因を直接癒す、という手もありますが、

「誰かの前で、自分の気持ちに素直になる時間を増やしてみる」

というのも、とても有効だったりします。


つまり、

「いつも機嫌よく、ニコニコしていなきゃ愛されない」

という思い込みを、
「本当はそうじゃないんだよ」って外してあげるといいんですね~。

もちろんですね、
感じたままに、相手に怒りをぶつけて攻撃していいよ、と言うわけではありませんし、
相手に要求をぶつけていいよ、ということではありません。

社会や、相手への配慮は必要ですね。

でも、怒りを感じてはダメ、ということでも、
相手に「こうして欲しいな」って思っちゃいけない、
伝えちゃいけない、ということではなく、

自己表現って、

「自分は、こう思うの」って表現する、ことは大切なんですよね。


笑いたくないときには、無理に笑わなくてもいいんですよ。
いつも機嫌が良くなくてもいいんです。
「素直な私」のままいられる人や場所を作ってみよう、 と思って見てくださいね。


信頼できる人の前では、自分に素直に、
笑ったり、泣いたり、怒ったり、楽しんだりしてみよう、

ムリだなと思ったら「NO」を言ってみよう、

と意欲を持つだけでも、変わってきますよ~。

「私は、こう感じています」

笑顔の下にある、素直な私を見せることが出来るようになると、
「こんな私を見せても、愛されるんだな」と感じられるようになってきます。

(もちろん、そこで離れていくお友だちもいるかもしれませんが、
それは、本当に心を許せるお友だちを作るプロセスで誰しも通る道、なのかな~?と
私、個人的には思います。

一度離れても、戻ってくる場合もありますしね!)

家族やパートナーなど、
近い存在だとなかなか難しかったりもしますから

まず、やりやすい関係性から練習してみてくださいね~。

(私は「お店の店員さん」から始めてみましたよ~。
もちろん、私たちカウンセラーも大歓迎です☆
安心して本音を話せる場を提供できればと思っています。)

photo-girl-book-flower-camera

「自分も、素直に自分の感情を表現してもいい」

という許可が出てくると、

「相手も、素直に自分の感情を表現してもいいんだ、
それを自分が引き受けなくていいんだな」と思えるようになってきます。

彼が、なんだか機嫌が悪そうだなぁって思っても、

「機嫌が悪い時って、誰でもあるよね~。・・きになるけど。」

ぐらいで受け止められ、
そのときに取れる対応って、変わってくるんですよね。

次回は、

「とはいえ、彼が機嫌が悪そうだったら、何をしてあげたらいいかしら?」

というアプローチを
男性心理の面から、書いてみたい思います~。

参考になれば、幸いです。

目次
閉じる