MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

「ジンクス」を味方につけよう!

私事で恐縮なのですが・・・
実は私、先月サンダルが二足壊れたんですよ

靴の裏が割れるとか、かかとが折れる、とか
そういう良くある感じではなく、

靴底からガバッと分離し
いきなり歩けないような状態にまで崩壊したんですね。

しかも、同じ週に二足

こんなとき。

「あ~、私ってついてないなぁ
なんか、良くないことでも起きるんじゃないの?」

って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
私は「うわ、そう来たか」って、若干テンションが上がったんですよね。

実は私、サンダルが崩壊したのって初めてじゃないんですよ。

去年の夏、カウンセリングサービスの母体である、
神戸メンタルサービス主催の「ヒーリングワーク」に参加していた時。

最終日の休憩時間に、
サンダルが急に崩壊したんですね

抜け出して買いに行くわけにもいかなかったので、
とりあえずはガムテープをお借りして
サンダルを補修して残りのワークに臨んだのですが。

その時、恥ずかしいやら、情けないやらで
がっくり落ち込んでいる私に、先輩が声をかけてくれたんですね

「希美ちゃん、靴が壊れるときってね、
生き方がチェンジするときなんだよ!

だから、いい前触れなんだよ~」って

それを聞いた私は、素直に
「へ~、そうなんだ!」と納得したんですね。

実際、私は9月にプロカウンセラーとしてデビューすることが決まっていました。
まさしく、「生き方がチェンジするとき」だったんですよ。

ですからそのときの私は
「そっか、そうに違いないな」って、なんだか、素直に思えたんですよね~。

いまから振り返ってみると、
そのころを境に、自分でも変わったなぁって思いますし、

同じ心理学を学ぶ仲間にも、いまだに
「プロデビューする前ぐらいから、急に変わったよね!」って言われるぐらいですから、
本当に変化のときだったんだと思います。

「変化のときなんだ!」とジンクスを信じたから、変化出来たのか。
「変化のとき」にたまたま靴が壊れたのか、
はたまた、偶然なのかは・・・・定かではないですけどね

そんなジンクスを信じている私ですから、

一気に靴が2足も壊れるだなんて、縁起が悪いどころか、
いったい何が起きるんだろう~?なんて、ワクワクしてしまったわけです(笑)

このジンクスが本当かどうかは分かりません。
でも私は「運がいいこと」だと信じることにしたんですね

ただ、信じただけなんですけどね。
そのあとの気持ちが、ぜんぜん違うんですよ~。

以前と違い、靴が壊れてもちっとも落ち込まず
「そっかそっか。いいことあるといいな~」で、終了ですし

こりゃー、いいことあるかもね、と思って世の中を見ていると、
けっこういいもの、見つけたりするんですよね

実はこれ、毎日を楽しんで過ごすために
けっこう大切なことだと思うんですよね。

たとえば、「靴が壊れるのは、悪いことの前触れ。」って
私が信じていたらどうでしょう・・・?

おそらく「そっかそっか」では済まないと思うんです
数日は、「何か起きるんじゃないの?」ってビクビク過ごしていたかもしれません。
(私、ただでさえビビリなんですよ~。)

おみくじの凶が出た時もそうですよね。

「今年、終わった~いいことなし!」と思うのか。
「これで、厄落としした!」と思うのか。
「ここから、おちることはないってことよね!あがるのみ!」と思うのか・・。

起きたものごとは同じでも、
自分が「意味づけ」した内容によって、
自分の気持ちって、ぜんぜん違ってくるといえると思うんですね。

実は人それぞれ、「意味づけ」って違うんですよ。

とはいえ、

「なんでもかんでも、ムリにポジティブに捉えなさい!」
ということでもないのですが。(嘘っぽいですからね)

ちょこっと意識して、

あなたが知らず知らず、ネガティブな「意味づけ」をしていることを
「本当にそうかな?」「もっと、違う意味づけって出来ないかな?」って疑ってみると、

あなたの日常に「ラッキーの前兆」が増えるかもしれません。

私たちの心が「きっと、良いことがあるかも。ワクワク」していると
引き寄せの法則で、実際に引き寄せることもあったりしますよ~

参考になれば幸いです☆

目次
閉じる