MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

忙しいときに、心がけるといいこと。

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス服部希美です。

12月って、イベントごとが多い分、
お忙しい方も多いのではないでしょうか?

「あれもやっとかなきゃ」
「これもやらなきゃ」

そんな気持ちに急かされて、心に余裕がなくなってくると、
「あぁ、やっちゃった・・」って思うことが増えてしまったりしますよね。

 


つい、イライラして人に当たってしまったり、
慌ててしまって、余計に時間がかかってしまったり、
凡ミスを繰り返してしまったり、忘れ物が多くなってしまったり、
配慮が欠けてしまい、人に迷惑をかけてしまったり・・・。

私も気持ちに余裕がなくなってくると、
いろんなことが雑になってしまい
こんがらがってしまったり、 空回ってしまうんですよね。

以前は「そんな私って、ダメだなぁ・・」って感じて、よく落ち込んでいました。

そして、気持ちに余裕がないときでも
ちゃんと出来る私になろう!と、必死に努力していました。

たとえば、忙しくても精度が落ちないように、
もっともっと仕事をちゃんと覚えよう、とか。

気持ちに余裕がないときだって、
ちゃんと、人のいいところをみれるような優しさを持とう!とか。 

雑になっちゃ駄目だぞ!って
自分で厳しくチェックしたりだとか・・。

でもですね、そんな風に自分を律しようとしても
「いつまでたっても、ミスも減らないし、空回る」んですよね・・。

そしてイライラしたり、悲しくなったり、気持ちまで不安定に。

いまの私なら、空回りし続けてしまった理由がわかるんですよね。

周りが見えないぐらいフル稼働している自分に、更に
「もっとちゃんと周りを見なさい!そして、もっともっと早く動きなさいよ!」って
ビシビシ鞭を打ったところで・・・・

出来ない状況に、どんどん自分で追い込んでいるようなもの。
そんなの余計に失敗するのは、当たり前ですよね・・・。

でも、その当時は本気で「自分がダメな奴だから出来ないんだ」って
思い込んで、自分を追い込んでいました。

実は人って、自分に対してはとっても厳しいんです。

もし、こんな状況のお友達がいたら・・
「この状況じゃ、そうなっても仕方がないよね?」
「ちょっと休んだほうがいいんじゃない?」って、声をかけてあげたりすると思うんですよね。

でも自分がその状態に身を置いたら

「こんな自分って情けないなぁ~」とか「仕事できない奴だなぁ」とか
「私って、優しくないなぁ」って自分の価値を誤解したり、
「もっとちゃんとしろ~!」って、鞭を打ってしまうわけです・・。

自己価値がなかなか認められない、という方の中にも、
この罠にハマっていらっしゃる方も多いんですよね。

カウンセリングの現場で
「そんな状況だったら、そうなっちゃうのも仕方がないですよ~。」
ってお伝えすることも多かったりします。

自分の価値を、正しく認めるためにも。
自分のベストを尽くすためにも。

こういうときには、意識をして、
自分を大切な人を扱うのと同じように、自分を大切に扱ってあげましょう

FCF55_kabocyanosp500

人それぞれ、
その人なりのリラックス法や、
コンディションの整え方があると思うのですが、

そのためには
ある程度の時間や心のゆとりが必要だと思うので、

今回は
「どこで、ゆとりを作るか?」
「いま感じている負担を、いかに減らしていくか?」という視点で、
いまの現状を見つめなおしてみることをオススメしたいと思います

たとえば・・。

今やらなくていいことは、思い切ってやめてみる。
(余裕が出来た時にやればいいんです!)

自分じゃなくても出来ることは、人にお願いする。
(あなたは「助けて」が言えますか~?)

家事などを、ほどほどに手を抜いてみる。
(こんなときぐらい、おさぼりしちゃってもOK!って、
自分に優しくしてあげましょう!) 

ご褒美を用意して、ねぎらいのひと時を得る。
(良く頑張っているねって、自分に声をかけてあげましょう!)

などなど・・・。

いまの生活から「ほんの少しだけでも」意識をしてゆとりを作ってあげると、
心のコンディションはかなり変わってきます

凡ミスを連発してしまったり、
忘れ物が多くなってしまったり、
周りの人に優しくしてあげたいなぁと思うけれど、うまく出来ない時。

それはあなたが、
出来ない人でも、優しくない人でもなくて
ただ単に、頑張り過ぎの状態なのかもしれませんよ?

こんなときには自分に鞭を打つのではなく
「もしかすると、頑張り過ぎかもしれないぞ~?」って
自分の状態をチェックして、自分に優しくしてあげてくださいね!

参考になれば幸いです。

 

目次
閉じる