MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

「こんな私でいいのかな?」って感じてしまう時(2)

前回の記事の続きです
(Aさん、ありがとうございます

私たちが誰かに
「こんな自分を分かってもらいたい」って感じて、苦しくなっている時というのは、
じつは「自分で自分の事を認めてあげられていない時」なんですね。
「こんな私で、本当にいいのかなぁ」
「本当に私らしく生きていっても、大丈夫なのかなぁ」

そんな風に、自分で自信が持てない時ほど、
「周りに私を理解してほしい」
「私が私を認めてあげられない分、周りに私を認めてもらいたい」
って感じてしまったりするんです・・

そうすると「認めてもらうにはもっと頑張らねば!」と思い、
「楽しくしなければいけない!」と、自分に鞭を打ってしまったりします。

すると「これだけ頑張ったんだから、認めて欲しい!」という気持ちが強まってしまうので、
さらに「分かってもらえない悲しみ」を感じやすくなってしまうんですね><

ですので、
「自分を、周りに認めてもらえなくて悲しい。」と思っている時には、

「いま、自分は充分にやっている」と
自分で自分の頑張りを、しっかりと認めてあげることと、

周りの意見に振り回されることなく
「自分らしく、楽しんで物事に取り組める私」に自信を持って、
どんどん毎日を楽しんでしまうことが大切だと私は思うんですね。

Aさんを含め、この記事を読まれているみなさんは、きっと
毎日を一生懸命頑張られている方ばかりだと思うんです♪

「まだまだ足りないわ!」とか
「こんな私って、ダメかも?」って誤解しちゃっていませんか??

ということで
今回Aさんと、みなさんにご提案したいのは

「自分で自分を認めてあげる」
 +
「応援してくれる人と繋がりながら、突き進む!」という、合わせ技です!


〇「自分で自分の事を認めてあげましょう」

「私、よく頑張っているよね~」
「楽しんでやろうとしてるって、スゴイじゃん」
「よくやってきたよね。」

そんな風に、
自分を認めてあげる言葉を、自分でかけてあげましょう♪

自分が一番「自分の頑張り」を知っていますからね。
自分の大切な人に対してかけてあげるような言葉を、自分にかけてあげましょう

〇「自分を応援してくれる人を見つけましょう」

誰でも、大なり小なり
周りの人に「認めてもらいたい」「受け入れてもらいたい」と思っています

もちろん、私も、思います

誉めてもらったり、応援してもらうと、
失敗して凹んでいても元気が出たり、
いろんなチャレンジをする勇気が沸いてきたりしますよね!!

ただ、その思いが強すぎると問題が出て来てしまう、というだけで
「認めてあげたい」「認めてもらえると嬉しい」という思いは、
人と人を繋ぐものでもあると、私は思うんですよね。

ですので、まずは、ひとりから。
自分のことを分かろうとしてくれる人や
応援してくれる人を探して、繋がってみましょう

そして、その方の事も
理解してあげたり、応援してあげてください

「みんなに認めてもらわければならない。」
って思うと苦しくなりますよね。

世の中全員に認めてもらうことは、
どれだけ頑張っても、難しいと思うんです。

ですからまずは、
自分の事を分かろうとしてくれる人を
大切にすることからはじめましょう

「私と意見が違う人がいてもいい」と受け入れることが出来るようになると
「相手」の意見もまるごと認めてあげることにもなりますよ


〇もし、今度誰かに「楽しそうだよね」って言われて
しんどくなってしまったら・・・

「ありがとうございます
「おかげさまです

この二つの言葉を使って、
笑顔で受け取ってみてください!

「ありがとう~!
みんなのおかげだよ~

「おかげさまで、楽しくお仕事させていただいてます
いつも、ありがとうございます!」 

こんな感じでしょうか?

そして、あなたらしく、
胸を張って、楽しみ続けてみてください!!

あなたが楽しんでいれば、楽しんでいるだけ
良い影響力が周りの人に伝わります。

すると、なんだか楽しそうなあなたをみて
「私もああなりたいわ~♪」って感じる人や、
応援したいなぁって思う人が、近寄ってきやすくなるんですね♪

それを積み重ねていくと、
「あれ?いつのまにか、自分を認めてくれている人に囲まれてた!」
なんていう状況になっているかもしれませんよ

ぜひ、お試しくださいね!

ちなみにカウンセリングで取り組む場合は、

「楽しんで取り組んでみよう」と思われたきっかけって
なんだったんでしょう?

楽しんで取り組む前は、いったいどういう感じだったのでしょう?

こんな風に、クライアントさんと一緒に、心の奥に潜っていき、
「今の自分が認められない」原因の大元を探っていったりします。

すると、悲しみや怒りの奥の奥に

「あの人に、喜んでもらいたかった」
「あの人を、悲しませたくなかった」
「あの人のために、頑張りたかった」という

クライアントさんの愛が眠っている場合が多いんですね。

そこにアプローチしてあげることで、
心のパターンを緩めてあげることが出来たりしますよ

Aさんや、みなさまが
より楽しく、あなたらしい生き方が出来ますように・・・・

参考になれば幸いです。

Aさん、コメントありがとうございました

* * * * *

服部希美の「電話カウンセリング」は主に

平日の21時~、22時~
、23時~で待機しております
初回は無料でお話しできますので、お気軽にどうぞ
また、名古屋の鶴舞のカウンセリングルームで
「面談カウンセリング」も行っております。
ご希望日・時間などありましたら
予約センターにお問い合わせくださいませ
目次
閉じる