MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

服部のカウンセリングの感想や、体験談をお寄せください。

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービス 服部希美です。

今日はね、みなさまにお願いがあってこの記事を書いています^^

なぜ、そんなことをお願いしようと思ったのか
ちょっと書いてみたいなぁと思います。

良かったら最後までお読みくださいね。

目次

服部のカウンセリングの感想や、体験談を募集いたします。その理由。

まずは最初に私のお話からしたいと思うのですが
私は、悩みのどん底にいる時に「カウンセリング」という存在を知り、
藁をもつかむ思いで、飛び込んだという経緯があるのですが・・

正直・・・・「もう少し早く、カウンセリングに出会えたら良かったのにな」って思うこともあるのですね。

私が心理学に出会ったのは、30代前半。
恋も仕事も親子関係も友人関係も、もう、こんがらがりまくって
あちこちで破綻しているような状態だったのです。

実際に、人とトラブルが起きていたり、
合わせる顔もない、と、友人との関係を切ってしまっていたり
当時の彼に縋り付いては、期待を裏切られボロボロになっていたり
体調もいつも悪い中、ハードワークでボロボロになっていました。

でも、もしね。
もしも、こんなにまでこんがらがる前に、この世界に出会えていたら。

あと2年、いや、あと10年・・いや、あと20年

早く出会えていれば。
早く、心のことを知っていれば。

そうしたら、別れずに済んだ恋愛もあったな。
仲違いしなくて済んだ仲も、あったな。
もっとあの人に、優しくできたな。
青春を、謳歌できたなぁって、思うことがね・・たまーにあるのですよ。

あ、もちろん、プロセスというのは完璧でね!
私の場合は、あの日、あのときのタイミングだったことに意味があると思っているのですけども

ここから先はね、できれば必要な方に・・
「カウンセリングという便利なものが世の中にはあるんだよ」
「ひとりで悩まなくても、相談できる場所があるよ」ってね、一人でも多く、知ってもらえたらいいよね、とも思うんです。

そしてね、

ひとりで抱えて、潰れてしまう。
苦しい日々を過ごし続ける。
孤独感に耐えながら生きる、そんな方が少しでも減ったらいいなって。

大切な人と心が通じ合う
「生きていて、良かったな」そんなふうに思えるような日々を
笑顔を取り戻すお手伝いを、カウンセリングができたらいいなって。

私たちって、心の仕組みや、心について学ぶ機会って、ほとんどないんですよね。
知っているだけで避けられるトラブルって・・・本当にいっぱいあるのに。

とくに、日本において、カウンセリングの認知度はまだまだ低いのが現状。
専門家に悩みを相談をする、心のケアをする、といったことに、偏見がある人も多いかなと思うのです。

ハードルを高く感じちゃったりね。

「受けてみたいけれど、怖くない?」「こんなこと、相談してもいいのかな」「叱られない?」とか。
二の足を踏んでしまったり、一人でお悩みを抱えていらっしゃる方も、とても多いのではないかなと思います。

まぁ、カウンセリングって、お料理や本とは違って、目に見えないですし、守秘義務もありますしね。
ご紹介し切れない部分、いっぱいあるのです・・・。

すこしでもね、必要な方に届くといいなぁと思って
プロとして活動し始めてから、今日まで、記事をコツコツ更新してたりもするのですが・・

カウンセラーの私が、とやかくいうよりも
みなさまの感想や体験談が、次の悩んでいる方の背中を押してくれるのではないか、と思ったのですね。

(そしてきっと、服部のカウンセリングの良さを一番知ってくださっているのはクライアントさんだと思うのです・・)

ですのでね、今回
カウンセリングのご感想をね、募集させていただきたいなと思った次第であります。

もしよろしければ、あなたのご感想、お聞かせいただけませんでしょうか?
お寄せいただける方は、お問い合わせフォームの欄に「服部宛」にお送りくださいませ。
その際、このホームページに掲載OKかを合わせて教えて下さいね。

(掲載時はニックネームで掲載します)

お客様フォームはこのバナーをタップ

「受ける前と受けてみた後、こんな違いを感じたよ」とか
「受けてみて、どんなふうになれそうな感じがしたよ」とか
「服部さんのカウンセリングの、こういうところが気に入ってるよ」とか
「どうして、カウンセリングを受けてみようと思ったのか。受けてみてどう感じたのか。」
「印象に残ったのはどういうことか」などなど・・

簡単で大丈夫ですのでね、
あなたのお声を教えていただけたら嬉しいです。

お返事もさせていただきますのでね^^

どうぞ、よろしくお願いします。

服部希美

目次
閉じる