MENU
服部希美
心理カウンセラー/講師
カウンセリングサービス予約センター
受付時間 12:00~20:30
◎服部希美のカウンセリングを受けるには >>

大好きな人に、尽くし過ぎてしまう私(3) 自分の事を、おいてけぼりにしていませんか?

「私は、ありのままの自分は愛されない」
「役に立たないと愛してもらえない」という「無価値感」を強く感じている時

犠牲をする愛し方を、なかなかやめることが難しいんですね。

無価値感を癒すアプローチは、たくさんあるのですが
今回は「自己受容」に絞って、お伝えしたいと思います。

相手の事ばかり大切にして、
自分の事をおいてけぼりにしていませんか?

まずは自分で、自分の事を丸ごと認めてあげましょう

「好きな人に、つい尽くし過ぎてしまう心理」シリーズ

第3回は「自分の事を、おいてけぼりにしてませんか?」をお送ります

 >>第1回 相手のために犠牲しても、うまくいかないワケ
 >>第2回 なぜ、私は愛する人に犠牲をしてしまうの? 

* * * * *

第3回:「自分の事を、おいてけぼりにしていませんか?」

いきなりですが、みなさんにひとつ質問があります。

あなたが「なにかしなくては、自分には価値がない」と感じている時。
そんな「何かしなくては、価値がない自分」を、どんな風に感じますか?

こんな自分って情けないな~って感じたり・・
こんな自分って、嫌だなぁ~って感じたり・・

とても、「こんな自分が、私は大好き」といえる状態ではないと思うんです。

「こんな自分なんて、誰にも愛されないだろう」って感じている状態ですから
不安をたくさん抱えてしまったりもしますよね。

そんなとき、私たちは
「自分で自分を愛せない分、誰かに自分を愛してもらいたい」
という気持ちが、強くなってしまいがちだと言われているんですね

自分を犠牲にしてでも、彼に愛されたい。
という気持ちになりやすくなってしまうみたいなんです。

でもですね、そんな風に感じている時、
たとえ相手が、本当に自分に感謝してくれていて
自分の価値を見て愛してくれていたとしても

「私がこれだけ尽くしたから、彼に愛されたんだよね」と感じて

相手の愛を受け取りにくくもなってしまったりもするんです。

せっかくの愛情が、すれ違ってしまうわけです
もったいないですよね

前回ご説明したとおり

無価値感(ありのままの自分には価値がないという感覚)は誤解なんです。

「大好きな人を愛したい。大切にしたい」という思いがあったからこそ、
わたしたちは、うまくいかなかったときに傷つき、
こんな自分はなにかをしなければ愛されないと誤解をしてしまうんですよ。

 

「自分は価値がない・・・そう感じてしまった、辛い出来事があったかもしれないね。

でも、誤解なんだよ。本当は、あなたにはちゃんと価値があるよ。」と、
自分で、自分の誤解をちゃんと解いていくことが大切なんですね。

* * * * *

その、誤解を解く方法のひとつとして、
「自己受容」がとても効果的なんです。

自己受容とは、

自分をダメな部分も、良い部分も含めて

ありのままの自分を認め、許し、いたわってあげる感覚のことをいいます。

自己受容とは
良いも悪いもなく、ただただ
今の状態の自分を自分で受け入れてあげるという感じです
 

あんまり気が利かない自分、
つい、頑張りすぎちゃう自分、
尽くし過ぎて、相手に「重い!」て言われちゃう自分、
ちょっとしたことで凹みやすいダメダメな自分、
ステキな誰かさんに嫉妬しちゃう自分、
いじわる~な気持ちになってしまう自分・・・・・

どんな状態の自分でも、

そんなときもあるよね。
よく、頑張ってきたよね。
だめなところがあったって、いいじゃない。
もう、無理しなくていいんだよ、って、自分で自分のことを労わってあげるんですね。

とくに、尽くし過ぎて苦しいときって、

感情面で我慢していることが多いと思うんです。

イヤって言っちゃいけないとか。
相手にも事情があるんだから、寂しいと思っちゃいけない、とか。
こんなことぐらいで、かなしいと感じちゃいけない、とか。
こうして欲しいってお願いしちゃ、相手に迷惑をかけちゃうとか。
自分らしく自由に振舞っちゃいけない、とか・・・。

自分は、大好きな人の気持ちを尊重してあげるのに、
自分には「そんな風に感じちゃいけないよ!我慢しなさいよ!」って思っていること沢山ありませんか?

「そんな風に感じちゃうよね」
「つらいよね」
「よく、がんばってきたね」
「無理をしなくても愛されるんだよ」
「だいじょうぶだよ」

そんな風にを丸ごと自分で受け止めてあげられるようになると、
「どんな状態の自分でも、いいのかもしれない」と感じられるようになってきます。

自分を大切にしてあげられるようになってくるんですね。

すると、無価値感はだんだんと癒されていきます

相手に尽くしてあげることは悪いことではありません。
ようは、自分を大切にすること・相手を大切にすることとのバランスが大切なんですね♪

lgf01a201401121900

それでは、無価値観を癒すエクササイズをご紹介したいと思います。

まず、紙に「大好きな人に喜んでもらいたい!」と思って、
いままでやってきたこと、いまやっていることを書き出してみましょう

たとえば・・・
「大好きな人といるときには、なるべく笑顔で接している」とか、
「デートに遅刻しないように、目覚ましを3つもかけている」とか、
「眠くても、おやすみなさいの電話は、かかさないようにしている」とか。たくさんありますよね。

次に、やってあげている行動のひとつひとつを
あなたを大切に思っている人に言われているようなイメージで
自分に言ってあげて欲しいんです♪

「いつも、笑顔で接してくれてありがとう。
でも、しんどいときは笑顔じゃなくていいからね。

「デートに遅刻しないように、目覚ましを3つかけてくれてるんだね。ありがとう。
でも、たまには遅刻しちゃってもかまわないからね。

「眠い中、おやすみの電話をありがとう。
でも、とっても眠いときには、かけれなくてもいいからね。

「OOしてくれて、ありがとう。
でも、出来ない時には出来なくていいからね」
って感じで
あてはめていってみてくださいね

これだけの簡単なエクササイズなのですが

このエクササイズは、自己受容の練習にもなりますし

あなたを大切に思っている人からの愛を受け取る練習にもなりますよ

よかったら、お試しくださいね! 

 

あなたのことを、本当に大切に思う人は、
あなたに無理をして欲しいでしょうか・・・?

相手に尽くし過ぎて、苦しくなっている部分は手放して
ありのままの自分は愛されるんだと実感していただけたら嬉しいです。

このエクササイズをやるにあたり、苦しい感覚が出て来た場合は、
まだ癒えていない心の傷が、大きすぎる場合があります。

そんなときには、カウンセリングなどで未完了の感情を解放しながら
ご自身のペースで取り組んでいかれるといいと思います

自分に優しくしてあげてくださいね!

みなさんの参考になれば、幸いです。

 

目次
閉じる